働く場所によって収入も変わる

看護師が転職をする際、収入が気になるものですよね。収入が高ければ仕事へのモチベーションも上がるので、高ければ高い程嬉しいものだと思います。しかし、看護師の仕事というのは、働く場所によっても大きな収入の差が出てくるのです。そのため、それぞれの働く場所の収入などを知っておくと良いでしょう。それを知っておくことで、看護師の転職は成功させやすくなります。仕事のペースを落としたいと考えている看護師は、夜勤のないクリニックで働くのがおすすめです。クリニックは重篤の患者さんが少ないので、精神的なプレッシャーも減らすことができます。クリニックの平均年収は、260万円から340万円程度です。やはり、夜勤がない分収入は低めとなっています。国立病院で働く看護師は地方公務員という立場になるため、収入は高めです。夜勤勤務もありますが、年収は400万円程度となります。訪問看護に興味を持っている看護師も増えてきていますが、訪問看護の場合は年収400万円から500万円程度です。しかし、収入が高い分知識や経験が求められることになります。最近では、老人施設などで活躍する看護師が増えてきていますが、特別養護老人ホームの場合は収入が高いところが多いです。そのため、収入アップを目指しやすいでしょう。看護師としての仕事は、どのよううな環境で仕事をするかによっても収入が変わってきます。転職の際は、それぞれの収入・仕事内容などを確認した上でチャレンジすることが大切です。新たな分野にチャレンジすれば今までの経験を生かすことができ、スキルアップにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です